10月3日(日) vs Razorbacks

アーバンボウル2010 秋季公式戦
リーグ戦 第2戦 @大井第二球技場

ゲームレポート (リーグHPより転載)
第2試合はローバックスとレイザーバックスの対戦。ローバックスのキックで試合開始。
試合序盤は両チームディフェンス陣が奮闘しパントの応酬となる。先にチャンスを得たのはローバックス。RB原のランを皮切りにランプレイで攻撃権の更新を重ね最後はRB児玉のランプレイで先制点を獲得する。なんとか追いつきたいレイザーバックスであったがローバックスの鉄壁のディフェンス陣を切り崩す事ができず、なかなか前進することができない。攻撃の手を休めないローバックスはWR押元のパス・RB原のランプレイで追加点を獲得し大きくリードし前半戦を終了する。
後半戦開始早々、ローバックスはSB小山のパスでさらに追加点を獲得しレイザーバックスを突き放す。これ以上の失点は許されないレイザーバックスディフェンス陣もローバックスオフェンスに必死で食らい付き、敵陣深くでLB宮川のファンブルリカバーにより攻撃権を獲得する。絶好のチャンスを掴んだレイザーバックスはRB中村とQB瀬口が自らのランプレイで得点を獲得し追い上げる。その後も必死でローバックスに挑んだレイザーバックスであったが、ローバックスの猛攻撃をとめる事ができず追加点を獲得され試合終了を迎えた。ローバックスがリーグ戦2戦目を快勝した。

第2試合
1Q
2Q
3Q
4Q
T
Tokyo Roebucks
7
14
7
22
50
0
0
0
6
6

見所 (リーグHPより転載)
第2試合は初戦大量得点を獲得し危なげなく勝利したローバックスと、2敗を喫し後が無いレイザーバックスの対戦。オフェンス・ディフェンス共に抜群の安定感のあるローバックスに少数精鋭のレイザーバックスがどこまで食いついていけるかに注目したい。

コメントを残す