10月17日(日) vs T.R.Jets

アーバンボウル2010 秋季公式戦
リーグ戦 第3戦 @大井第二球技場

ゲームレポート (リーグHPより転載)
第1Q、ローバックスのキックオフで試合開始。ローバックスディフェンスは順調に抑え、ジェッツオフェンスにゲインを許さない。ジェッツのパントからローバックスのリターナー半沢がリターンタッチダウンを獲得し、先制点を上げる。ローバックスはオフェンスに移っても、ラン・パスをうまく絡めた爆発的な攻撃力でジェッツを攻め
立てる。RB原のランやWR押元へのロングパスを次々に決め、試合早々から得点を重ねる。第2Q、ジェッツはファンブルリカバーやDB熊谷のインターセプトによりターンオーバーを重ねるが、ローバックスの厚いディフェンスに阻まれ、チャンスをものにできない。対するローバックスは2QになってもOLの好ブロックを武器にRB児玉・SB小山のラン・WR押元へのパスを決めるが、ところどころでジェッツの好守に阻まれ前半を終了。
後半は、ジェッツのキックで試合再開。流れを変えたいジェッツはRB伊藤、QB吉原のラン攻撃を中心に展開するが、ローバックスの厚いディフェンスに阻まれゲインできない。ローバックスはLB半沢のブリッツによるQBサックも飛び出す。第4Q、さらに反撃を続けるローバックスは反則を重ねながらも、原・児玉のランで順調にゲインを重ね、終わってみれば、40-0の大勝となった。

第1試合
1Q
2Q
3Q
4Q
T
Tokyo Roebucks
14
0
7
19
40
0
0
0
0
0

見所 (リーグHPより転載)
これまで2試合ともベテランRB原と児玉を中心とした爆発的なオフェンスを展開してきたローバックス。対するこれまで接戦ながらあと一歩で勝利に届いていないジェッツの対戦。ローバックスは勝ってプレーオフに進みたいところだが、ジェッツとしてもブロック2位でプレーオフに進むための大事な一戦。シーズン中盤で急速にオフェンスのタイミングが合ってきたたジェッツとしては先に試合の主導権を握りたい。

コメントを残す