11月28日(日) vs Tokyo Broncos

アーバンボウル2010 秋季公式戦
秋季プレーオフ準決勝戦 @大井第二球技場

3年振りのアーバンボウル出場が決定しました。
応援ありがとうございました。

ゲームレポート (リーグHPより転載)
第1Q、ブロンコスはDB神原のインターセプトでゴール前に迫り、このチャンスにQB林のランと最後はRB細江が中央を突き、先制TDを上げる。続くローバックスの攻撃は、フィールド中央付近から始まるが、ファンブルをしてしまい、再び、ブロンコスに攻撃権が移る。しかし、ローバックスディフェンスが踏ん張りスナップミスを誘い、このボールをリカバーする。ローバックスはQB草野の左オープンランでTDを上げ同点とする。第2Qに入り、ローバックスオフェンスが勢いを増し、SB小山、RB原、児玉の多彩なランプレーを使い前進し、2TDを挙げる。
第3Q、これ以上点差を離されたくないブロンコスはパスプレーを中心にオフェンスを組み立てようとするが最初のオフェンスはパントに終わる。ローバックスはランプレーを軸に攻め、RB原がTDを挙げて突き放しに掛かる。起死回生を狙うブロンコスオフェンスはスペシャルプレーを織り交ぜるも、ギャンブルをローバックスディフェンスに止められてしまう。第4Q、ブロンコスディフェンスも粘りを見せてフォースダウンに追い込むもSB小山へのパスを通されてしまう。最後はRB児玉のランプレーでローバックスが追加点を挙げる。その後もDB府川のインターセプトで得たチャンスをTDに繋げたローバックスが、見事決勝進出を果たした。

第2試合
1Q
2Q
3Q
4Q
T
Tokyo Roebucks
7
13
6
13
39
7
0
0
0
7

見所 (リーグHPより転載)
アーバンボウル準決勝第2試合はBブロック1位のローバックスとAブロック2位のブロンコスの対戦。RB児玉・原を中心に繰り広げられる爆発力のあるローバックスオフェンスをブロンコスディフェンスがどのように抑えるかが勝負の鍵を握っている。またQB林率いるブロンコスオフェンスがどのようにローバックスディフェンスを切り崩していくかにも注目したい。

コメントを残す