7月6日(日) vs Tokyo Broncos アイリスボウル優勝!

アイリスボウル2008 春季公式戦
決勝戦  @江戸川陸上競技場

2008年7月6日に行われたアイリスボウル(UFL 春季トーナメント決勝戦)において、永遠のライバルである東京ブロンコスに7-0と大接戦の末競り勝ち、7度目のアイリスボウル制覇を達成することが出来ました。
猛暑の中、競技場に駆け付けて頂きました大勢の関係者の皆様、いつもながらの熱い声援誠にありがとうございました!
秋のアーバンボウル制覇に向け、東京ローバックスはこれからも精進してまいりますので、引き続きの応援をよろしくお願い致します。

 
1Q
2Q
3Q
4Q
T
Tokyo Roebucks
0
0
7
0
7
0
0
0
0
0

ゲームレポート (リーグHPより転載)
アイリスボウル決勝戦は、ローバックスのキックにより試合開始。試合序盤ブロンコスはRB片岡のラン、TE戸田へのパスプレーを中心に攻撃、対するローバックスはQB児玉、RB原のランプレーを中心に攻撃するが両チームなかなかファーストダウンを更新できずパントの応戦となる。
最初に得点のチャンスを得たのはローバックス。SB小山、QB児玉、RB原のランプレーで敵陣深くまで攻め込むがTDには至らず、FGを選択する。しかしこのFGを失敗し得点することができなかった。その後も、ローバックスはRB原のランやSB草野へのパスでテンポ良く攻め込むものの、ブロンコスのDB金森、横田のパスインターセプトにてチャンスを潰され、得点することができず。両チーム無得点のまま前半を終了した。
後半に入り得点のチャンスを得たローバックスは、SB草野へのTDパスを成功させ先制点を獲得する。その後は両チーム共にディフェンス陣が奮闘し膠着状態が続いた。なかなか両チーム試合の流れを引き寄せることができなかったが第4Qの後半、ブロンコスが第4ダウンでのパントフェイクランを成功させ猛反撃を見せる。WR日野、上田へのパスプレーで連続してファーストダウンを更新。敵陣深くまで攻め込む。しかしローバックスDB鈴木にパスをインターセプトされ得点のチャンスを潰されてしまう。その後もブロンコスは果敢に攻撃するがローバックスの強力なディフェンスを崩すことができず試合終了となった。
この結果により、ローバックスが昨年の秋に続き連続優勝を果たした。決勝戦に相応しい素晴らしい試合だった。

各賞受賞者
・勝利監督賞 尼野 秋良
・MVP SB #22 草野 勝治
・ベストディフェンダー LB #10 宮野 友宏
・ベストインテリアラインマン OL #72 山田 一海

見所 (リーグHPより転載)
いよいよ、2008年度のアイリスボウルトーナメントも7月6日の決勝戦当日を残すのみとなった。
決勝に進んだチームは、昨年秋のアーバンボウルの覇者ローバックスと、10年振りのアイリスボウル優勝を目指すブロンコスの2チーム。
ローバックスは安定したチーム力で、予選リーグ戦・プレイオフを無敗で勝ち進み、準決勝で強豪バトルホークスに勝利し決勝戦に進出。昨年秋のアーバンボウルに続き連続優勝を目指す。
一方ブロンコスは、予選リーグ戦にてサンダーバーズに接戦の末敗北したものの、準決勝にて雪辱を果たし決勝戦に進出した。
両チーム実力が伯仲しているので、決勝戦に相応しい素晴らしい試合が見られそうだ。

コメントを残す