9月21日(日) vs T.R.Jets

アーバンボウル2008 秋季公式戦
リーグ戦 第2戦 @大井第二球技場

ゲームレポート (リーグHPより転載)
第1試合の後半から振り出した雨が強まる中ジェッツのキックにて試合開始。
ローバックスはQB田尻がスターターで登場。ショットガンフォーメーションからRB原、QB田尻が自らキープするランプレイを中心にテンポ良く攻撃するが、敵陣深くでの4thダウンギャンブルをジェッツDL井口にロスタックルされ得点することができない。
対するジェッツはRB遠藤・大木のランプレイで攻撃するが1thダウンを更新できずパントとなる。攻守交替後直後のプレイでローバックスがファンブル。ジェッツがファンブルリカバーし攻撃権を得る。しかしその直後の攻撃でジェッツもファンブルしてしまいローバックスDL加藤にリカバーされ攻守交替となる。ローバックスはQB大塩に交代しランプレイで敵陣深くまで攻撃するがジェッツディフェンスに阻まれ得点することができなかった。
試合は膠着状態が続いていたがローバックスのWR押元へのパスが成功しゴール前まで前進。最後はQB大塩が自らランプレイで持ち込み先制点を獲得する。その後もローバックスはFGを成功させ10-0とし前半を終了する。
後半に入りローバックスはランプレイで攻撃するがジェッツディフェンスが奮闘し追加点を獲得する事ができず膠着状態が続いていた。
第4Qに入りローバックスがDL黒渕のセーフティーとTE野中へのパスで追加点を獲得する。ジェッツも果敢に攻撃するがローバックスディフェンスを切り崩す事ができずローバックスの勝利で試合終了となった。

第1試合
1Q
2Q
3Q
4Q
T
Tokyo Roebucks
0
10
0
8
18
0
0
0
0
0

見所
アーバンボウル連覇を狙うローバックスが登場。対するはディフェンスには定評のあるジェッツ。
ローバックスの爆発力のあるオフェンスをジェッツディフェンスがどのように阻止するかが勝負の行方を握っている。
また強力なローバックスディフェンスをQB屋嘉部、RB伊藤を中心としたジェッツオフェンスがどのように切り崩していくのか注目したい。

コメントを残す