10月19日(日) vs Iolites

アーバンボウル2008 秋季公式戦
リーグ戦 第3戦 @UFL江戸川グランド

ゲームレポート (リーグHPより転載)
アイオライツのキックオフで試合開始。
ローバックスは最初の攻撃シリーズ、ショットガン体型からまずはSB小山の35ヤードのランでTDを挙げる。アイオライツオフェンスは、OLの間隔を大きく広げた変則体型で、ローバックスディフェンスに立ち向かうも前進できず。対してローバックスはRB原が続けざまに2本のTDランを決める。アイオライツもQB岡野からWR氷室へのパスなどで攻めるが思うようには進めない。第2Qに入り、ローバックスはQB田尻からTE野中へのTDパスがヒット、追加点を挙げる。その後もローバックスの猛攻は止まらない。RB四宮、児玉のTDラン、DB平岩のインターセプトリターンTDで、前半だけで47-0と大きくリードする。
後半もローバックスは攻撃の手を緩めない。DE山口のインターセプトリターンTDを皮切りに、今度はQBとして入った児玉がRB原に31ヤードのTDパスをヒット、さらには直後のキックオフでセーフティを獲得する。今度は田尻がQBに入りSB小山にTDパスを通す。アイオライツはLB下川(悟)がインターセプトを決めるが、ローバックスもDB高瀬がインターセプトを返す。RB原、児玉、山北がTDラン、SB小山のTDキャッチ、QB田尻が自らのランによるTDと、ローバックスは次々に得点を重ねていく。アイオライツは色々な体型を組み合わせ、RB伊賀や中川のラン、TE山岸のキャッチなどで奮闘するが、ローバックスDE山口にQBサックされるなど相手の堅い守りを破れなかった。ローバックスが15本のTDを挙げ大差で勝利、オフェンス・ディフェンスともにその破壊力を遺憾無く発揮した試合であった。

第1試合
1Q
2Q
3Q
4Q
T
Tokyo Roebucks
20
27
29
27
103
0
0
0
0
0

見所
昨年のアーバンボウル・春季のアイリスボウル覇者のローバックスにアイオライツが挑む。
初戦に見事勝利したローバックス。2連覇に向けてまずは順調な滑り出しを見せた。オフェンス・ディフェンスともに今季も非常に安定している。この試合でもその強さを見せつけるのか。
対するアイオライツ、ここまではまだ勝ち星に恵まれていないものの、戦力は確実に増してきている。相手は王者であり勝利は容易ではないが、一矢を報いることができるか。リーグ後半戦の巻き返しを期待したい。

コメントを残す