11月16日(日) vs E.R.Cougars

アーバンボウル2008 秋季公式戦
リーグ戦 第1戦(雷雨による日程変更) @大井第二球技場

ゲームレポート (リーグHPより転載)
9月7日に雷雨による中断の為、1Q 6分12秒より再開。
ローバックスはRB原のランプレー、児玉のキープ、ロールアウトからのパス等を中心に敵陣に入り込み、RB小山のランにより先制する。また、次のシリーズでも、パントリターンで得た好位置からのオフェンスをRB原のランで前進し、K四宮のフィールドゴールで3点を獲得する。すぐさま点を取り返したいエルクーガーズだが、ローバックスLB小井土らの好守により前進することができず、パントが続く。
逆にローバックスはQB児玉自らのランで敵陣に切り込み、最後はRB小山に持たせてTDを挙げ、点差を広げる。
後半、ローバックスはQB児玉に代わり草野が登場。危なげないクォーターバッキングにより着実に前進していく。一方、エルクーガーズも、オプションプレイをキーにQB高橋のキープ、そこからのプレイアクションパスが効果的であったものの、DB鈴木のインターセプトにより好機を失う。ローバックスはこれをすぐさまRB小山が得点に結びつけ、エルクーガーズをつきはなす。ローバックスはその後も小山が1TDを挙げ、結果としては36-0と終始、地力に勝るローバックスが攻守ともに主導権を握り、試合を制した。

第1試合
1Q
2Q
3Q
4Q
T
Tokyo Roebucks
7
10
13
6
36
0
0
0
0
0

見所
9月7日に雷雨のために中断になった試合を日程を変更して行われるこの試合。
既に、リーグ戦3戦全勝でAブロック1位通過を決めているローバックスは決勝トナーメントに向けて、全勝で勝ち進みたいところ。対するエルクーガーズは強豪相手に善戦するも、なかなか勝利に結びつけることができない。
爆発的なローバックスオフェンスをエルクーガーズの自慢のDLでどのようにとめるかが期待される。

コメントを残す