5月22日(日) vs Battlehawks

2011 春季公式チャリティーマッチ 第1戦
@大井第二球技場

春季チャリティーマッチ 初戦、勝利しました。
応援ありがとうございました。

ゲームレポート (リーグHPより転載)
バトルホークスのキックから試合開始。ローバックスのQB草野がテンポよく攻撃を繰り出し、自ら先制のタッチダウンを決め7-0とする。対するバトルホークスもRB吉田、RB山崎を中心にランプレーで、フレッシュを重ねゴールに迫るがTDまで後一歩届かない。第2Qはローバックスが更に怒涛の攻撃を展開。RB原、SB小山のランプレーで攻め立てて一気にゴール射程まで進め、最後はK斎藤がキッチリとフィールドゴールを決め、10-0とする。その後もローバックスは追加のフィールドゴールを決める。第3Qに入り、開始早々にバトルホークスのファンブルをリカバーして再び攻撃権を得たローバックスはRB原のラン、SB小山へのパスで一気にゴール前まで進み、QB草野が自らTDを決め得点差を広げる。ここで反撃をみせたいバトルホークスはRB山崎のランプレーでゲインを重ねるが、ローバックスディフェンスにあと一歩の所で阻まれてしまう。ローバックスは更にTDを決め、27-0としバトルホークスを突き放す。第4Qに入り、攻めあぐねていたバトルホークスにチャンスが訪れる。ローバックスQB草野が放ったパスをバトルホークスDB岡本がインターセプトをし、そのままゴールラインまで突き進みリターンTDを決め、27-6とする。このまま攻撃を展開して追いつきたいバトルホークスだが、ローバックスQB草野はそれを許さない。終始安定したプレーを展開したローバックスが34-6で勝利をおさめた。

第1試合
1Q
2Q
3Q
4Q
T
Tokyo Roebucks
7
6
14
7
34
0
0
0
6
6

見所 (リーグHPより転載)
昨年の第19回アーバンボウル決勝戦以来の試合となる。昨決勝戦においては両チーム共に堅牢なディフェンスの力を発揮していたが、ローバックスのオフェンス力が一歩上回る結果となった。今回も両チーム共にエースランニングバックによる見応えのあるランプレーが期待される。

コメントを残す