6月19日(日) vs Thunderbirds

2011 春季公式チャリティーマッチ 第2戦
@大井第二球技場

春季チャリティーマッチ 第2戦、力及ばず敗戦となりました。
春秋無敗での2年連続完全優勝の目標は潰えましたが、秋に全勝しアーバンボウル2連覇を飾るべく練習に励みます。
応援ありがとうございました。

ゲームレポート (リーグHPより転載)
第1試合はサンダーバーズとローバックスの対戦。試合序盤両チームショットガンオフェンスからパスを中心に攻撃を繰り広げるが、ディフェンスの硬い守りを切り崩す事ができず膠着状態が続く。第2Q開始直後ローバックスQB草野が自らのランプレイで敵陣深くまで攻め込み得点のチャンスを得るがここで痛恨のファンブル。サンダーバーズLB尾崎がリカバーし攻撃権がサンダーバーズに移る。しかしローバックスは次のサンダーバーズの攻撃をパントに抑えRB原のランプレイを中心にテンポ良く攻め込み先制点を獲得する。前半終了間際サンダーバーズも負けずにランとパスを織り交ぜ攻撃しWR丸山へのパスで敵陣深くまで攻め込むが、ローバックスの鉄壁のディフェンスを切り崩す事ができず前半戦終了となる。後半戦は両チーム点の取り合い。サンダーバーズの好パントで自陣ゴール前からの攻撃を強いられたローバックスは、着実にランプレイでの前進を試みるがサンダーバーズの厚いディフェンスにを切り崩すことができずパントを選択。ここでサンダーバーズSS田口がパントをブロック。サンダーバーズが絶好の位置からの攻撃権を得てRB野口のランプレイで得点を獲得。続くローバックスの攻撃、QB草野のランプレイで敵陣深くまで攻め込みRB原のランプレイで追加点を獲得しサンダーバーズを突き放す。なんとか追いつきたいサンダーバーズはWB丸山・SB権へのパスで攻撃権の更新を重ねQB柳瀬が自ら走りこみ同点に追いつく。しかしローバックスは次の攻撃シリーズでRB原のランプレイで追加点を獲得し再びサンダーバーズを突き放す。さらに試合終了間際にサンダーバーズがWR吉岡へのTDパスを成功させ逆転に成功するという息をのむ試合展開が繰り広げられ、最後はサンダーバーズディフェンスが守りきり試合終了となった。試合前の予想どおり両チーム一歩も譲らず激戦の末1点差でサンダーバーズが勝利した。

第1試合
1Q
2Q
3Q
4Q
T
Tokyo Roebucks
0
7
6
6
19
0
0
6
14
20

見所 (リーグHPより転載)
UFLの実力No.1を争うサンダーバーズとローバックスの対戦。この2チームの勝負はいつも波乱が巻き起こる。両チームの対戦は昨年のアイリスボウル以来。今シーズンは果たしてどちらが勝利を手にするか。両チーム攻守ともにタレントが揃っているので、好ゲームが期待できる一戦である。

コメントを残す