9月4日(日) vs Iolites

アーバンボウル2011 秋季公式戦
■リーグ戦 第1戦 @大井第二球技場 16:30 KICK OFF
 vs Iolites

ゲームレポート (リーグHPより転載)
1Q、ローバックスのキックで試合が開始される。アイオライツは、QB岡野が登場する。最初の攻撃は、ランプレーを中心に展開するが敵陣まで進めない。攻守が変わり、ローバックスは、QB草野が登場する。SB半澤のパスプレーで敵陣12ヤードまで進む。その後QB草野自身が走り、敵陣1ヤードまで進む。最後はRB原が中央に飛び込み先取点を挙げる。リズムに乗ったローバックスは、アイオライツのパスをDB高瀬がインターセプト。アイオライツLB八幡のタックルで一度は攻撃を止められたが、WR嘉田、SB小川のパスで敵陣へ進んだところで1Q終了となる。
2Q開始早々、ローバックスはRB藤澤へのオプションプレーで追加点を挙げる。得点を挙げたいアイオライツは、RB飯倉ランプレーを中心に攻撃を行う。TE發知のリバースプレーの時、ローバックスの激しいタックルによりファンブルしてしまう。ボールを拾ったDB山崎が敵陣10ヤードまで進める。この機会を、SB半澤のパスプレーで追加点を挙げる。その後、ローバックスは、K嘉田18ヤードのFGで追加点を挙げる。
3Q、アイオライツのキックで試合が開始される。両チームともデフィエンスが奮起し、オフェンスに攻撃のリズムを作らせない。最初にリズムに乗ったのは、ローバックス。RB原のランプレーで勢いに乗り、最後はWR真田のパスプレーで追加点を挙げる。その後も、SB半澤のパスプレーで敵陣7ヤードまで進み、最後はRB藤澤の中央へのランプレーで追加点を挙げる。
4Q、ローバックスの勢いが続く。アイオライツのパントで受けたボールを、WR真田が敵陣まで進める。この機会を、QB草野自身がエンドゾーンへ走りこみ追加点を挙げる。得点を挙げたいアイオライツは、攻撃でミスがでる。オプションのボールをファンブルしてしまい、ボールを拾ったローバックスがそのままエンドゾーンへ走りこむ。K中西のTFPも成功し、追加点を挙げる。アイオライツは、RB飯倉、RB伊賀のランプレー、WR俵のパスプレーで攻撃にリズムが出始めたが、最後はローバックスDB鈴木のインターセプトにより攻撃権を失う。
ランプレーとパスプレーを使い分け、攻撃のリズムを維持したローバックスが開幕戦を制した。

第3試合
1Q
2Q
3Q
4Q
T
Tokyo Roebucks
7
17
12
14
50
0
0
0
0
0

見所 (リーグHPより転載)
2010年アーバンボウル覇者のローバックスと年々順位を上げているアイオライツの対戦。2010年9月に対戦した際は、ローバックスが勝利している。新人が多く加入したローバックスと新人が成長しているアイオライツ。どちらも新人のために開幕戦を勝利したい。


東京ローバックスでは共に戦ってくれる、選手・チームスタッフを募集しています。
お気軽にお問い合わせ下さい。

コメントを残す