10月2日(日) vs Razorbucks

アーバンボウル2011 秋季公式戦
リーグ戦 第3戦 @大井第二球技場 10:30 KICK OFF
vs Razorbacks

ゲームレポート (リーグHPより転載)
レイザーバックスのキックオフにより試合開始。ローバックスは最初の攻撃からRB原へのパスなどでテンポ良く攻めてRB原へのパスで先制点を挙げる。その次のローバックスのキックオフでオンサイドキックを試みローバックス加藤がボールを抑え、ローバックスが攻撃権得る。その攻撃では追加点を挙げることはできなかったが、次のレイザーバックスの攻撃でレイザーバックスのファンブルしたボールをローバックスがリカバーし、攻撃権を再び得る。続く攻撃で、RB原のランにより追加点を挙げる。反撃を試みたいレイザーバックスであったが、ローバックスDB鈴木のインターセプトされてしまう。その好機にRB原がタッチダウンを挙げてレイザーバックスを突き放す。レイザーバックスもローバックスの反則などもあり、前進するも結局ローバックスディフェンスの前に攻めあぐね、前半を終える。
後半は、ローバックスのキックオフにより試合再開。後半もローバックスのも猛攻は続く、RB原のランやSB小山へのパスで大きく前進しRB原ランによりTDを挙げる。何としても反撃を試みたいレイザーバックスはWR市原へのパスやRB高橋のラン、QB瀬口のランで前進するもローバックスDB斉藤のインターセプトにより阻まれてしまう。その後一進一退の攻防が続いたがローバックスはRB小山のランやRB原のランで敵陣深くまで攻め込み、RB原がTDを挙げる。レイザーバックスは諦めずに攻めにいったが、ローバックスDB渡辺のインターセプトにより試合終了。

第1試合
1Q
2Q
3Q
4Q
T
Tokyo Roebucks
13
6
6
7
32
0
0
0
0
0

見所 (リーグHPより転載)
これまで、2戦して危なげなく2勝を挙げて順当な勝ち上がりを見せている昨季王者のローバックス。対するは初戦のブロンコス戦でいいとことがなく終わってしまったレイザーバックス。
爆発的なローバックスのオフェンスに対して、レイザーバックスのディフェンスがどのように阻止するか、レイザーバックスのオフェンスがどのようにローバックスのディフェンスの崩していくのか、レイザーバックスの奮起を期待する一戦である。

 

東京ローバックスでは共に戦ってくれる、選手・チームスタッフを募集しています。
お気軽にお問い合わせ下さい。

コメントを残す