10月30日(日) vs Broncos

アーバンボウル2011 秋季公式戦
リーグ戦 第4戦 @大井第二球技場 13:30 KICK OFF
vs Broncos

ゲームレポート (リーグHPより転載)
ローバックスのキックオフにより試合開始。ブロンコスはQB佐藤を起点にラン、パスをリズムよく展開するが一瞬の隙をついてローバックスDB山崎がインターセプトをし、攻撃権を奪取される。そこからローバックスはRB原、QB草野を中心にランプレーでゴール前まで一気に進め、最後はWR嘉田へのパスを通して先制TDを決める。
第2Qに入り、追いつきたいブロンコスはQB林からWR大嶋へのパスを中心に堅調に進める。しかしローバックスLB宮野がインターセプトをし、そのままゴールまで走り追加のTDを決めて13対0とする。
第3Q開始早々に今度はブロンコスディフェンスがビックプレーを魅せる。ローバックスの甘く入ったパスをLB林がインターセプトをしそのままTD。TFPは外したがスコアを13対6として追撃態勢に入る。その後も両チーム互いにインターセプト合戦となる展開がしばらく続くが、得点には至らない。ローバックスはQB草野自らボールを持ってランで稼ぐ。両チーム攻守が変わりつつもQBを中心にランプレーを展開する。動きがあったのは第4Q、ローバックスは攻撃の手をゆるめずにRB原、QB草野を中心に怒涛のランプレーを展開し、最後はSB小山がランでTDを決める。
追いつきたいブロンコスはWR三俣にパスを通し一気に敵陣まで侵入するも最後はローバックスディフェンスに阻まれてしまう。これによってローバックスはAブロックにて全勝を納める結果となった。

第2試合
1Q
2Q
3Q
4Q
T
Tokyo Roebucks
6
7
0
7
20
0
0
6
0
6


見所 (リーグHPより転載)
第二試合は既に3勝をあげたローバックスと、2勝をあげて追撃をするブロンコスの対戦。このままローバックスが全勝を納めて決勝トーナメントへと進むか。それとも今季失点を許していないブロンコスディフェンスが勢いを止めることができるのか必見です。


東京ローバックスでは共に戦ってくれる、選手・チームスタッフを募集しています。
お気軽にお問い合わせ下さい。

コメントを残す