6月17日(日) vs Battlehawks

2012 春季
アイリスボウル 準決勝 @大井第二球技場

@大井第二球技場 11:00 KICK OFF
vs Battlehawks

ゲームレポート (リーグHPより転載)
準決勝第1試合はローバックスのキックオフにて試合開始。バトルホークスQB峰岸はパスを繋ぎじわじわと相手ゴールへ近づく。しかしTDを狙ったロングパスはローバックスDB辻村がインターセプトに成功し攻守交代。ローバックスはQB鈴木を中心にRB児玉、RB原のランを起点にゴール前へ進める。最後はキックを試みるが失敗。バトルホークスの攻撃に代わった直後、再びローバックスはDB高瀬のインターセプトを起点にゴール前FGのチャンスを得る。しかし相手のラッシュに押されキックは失敗。前半は0対0で折り返す。後半開始早々、ローバックスはWR小山のランとWR加藤へのロングパスの2プレーでTDを挙げる。TFPは失敗するが0対6と先制に成功する。攻守が代わってバトルホークスはWR小野を中心にランプレーでフレッシュを重ねる。最後はRB高野が相手中央の隙を突きランプレーでTDを挙げる。6対6の同点となり最終クォーターに移る。先に仕掛けたのはバトルホークス。QB林が自らのランで敵陣まで進める。しかしローバックスDL望月のQBサックが炸裂し、おもわずタイムアウトを取るバトルホークス。最後はFGを狙うが失敗する。対するローバックスはRB原のランで敵陣まで侵入。WR小山にパスを通しゴール前5ヤードまで迫り会場も沸く。最後も小山へのパスを通してTDを挙げる。スコアを6対13としローバックスが決勝の切符を手に入れた。

第1試合
1Q
2Q
3Q
4Q
T
Tokyo Roebucks
0
0
6
7
13
0
0
6
0
6


見所 (リーグHPより転載)
トーナメント戦の東大バイキングスとジェッツの各試合では、常に40点以上の得点を挙げてきたバトルホークス。一方、ローバックスはバトルホークスほど得点は挙げていないが、トーナメント戦の失点は3点のみ。オフェンスとディフェンスが対照的な結果を残している両チームの戦いは、接戦が予想される。


東京ローバックスでは共に戦ってくれる、選手・チームスタッフを募集しています。
お気軽にお問い合わせ下さい。

コメントを残す