10月28日(日) vs Broncos

アーバンボウル2012 秋季公式戦
リーグ戦 第4戦 @大井第二球技場 16:00 KICK OFF
vs Broncos

strong>ゲームレポート (リーグHPより転載)
ローバックスのキックで試合開始。ブロンコスはQB小山が登場。RB細江・寺島のランプレイを中心に攻撃。対するローバックスはQB宮坂がランとパスを織り交ぜテンポ良く攻撃する。試合序盤はお互いに攻め手を欠きパントの応酬となる。最初に得点のチャンスを掴んだのはブロンコスRB細江のランプレイとQB小山が自ら走り込み、攻撃権の更新を重ね敵陣深くまで攻め込み、好ポジションからFGを選択。しかしわずかにゴールポストをそれ得点にはいたらなかった。前半戦はブロンコスが巧みにボールポジションをコントロールし優勢に試合を進め終了した。後半戦ブロンコスのキックで試合開始。ここでローバックスのリターナー蜂須賀が自陣深くでボールをキャッチ。そのまま70ヤード走りきり先制点を獲得。なんとか追いつきたいブロンコスもリターナー細江が好リターンを見せ反撃。しかしローバックスもLB小井土のインターセプトで前進を許さない。その後も両チーム一進一退の攻防を繰り広げるが、ローバックスがRB児玉へのロングパスを成功させ追加点を獲得。ブロンコスも果敢に攻撃するが、鉄壁のローバックスディフェンスをなかなか切り崩す事ができない。そして試合終了間際、ローバックスがRB蜂須賀へのTDパスを成功させ試合終了。激戦を制しローバックスが勝利した。

第3試合
1Q
2Q
3Q
4Q
T
Tokyo Roebucks
0
0
13
7
20
0
0
0
0
0


見所 (リーグHPより転載)
第三試合は全勝中のローバックスと現在勝ち星のないブロンコスの対戦。
勝ち星には恵まれていないもののDL神谷、LB小山・丸田が率いる強力ディフェンスは健在。
ブロンコスはロースコアの展開に持ち込み勝機を見出したい。
ローバックスオフェンスにブロンコスディフェンスがどのように挑むのか?注目の一戦。


東京ローバックスでは共に戦ってくれる、選手・チームスタッフを募集しています。
お気軽にお問い合わせ下さい。

コメントを残す