2013/07/07 Sun アイリスボウル決勝 vs Thunderbirds

アイリスボウル2013 春季公式戦
決勝 @江戸川区臨海球技場 13:30 KICK OFF

vs Thunderbirds

ゲームレポート (リーグHPより転載)

サンダーバーズのキックオフで試合開始。直後、波状攻撃を仕掛けるローバックスがRB蜂須賀の目の覚めるようなランプレーによりタッチダウンを挙げて先制。6対0とする。その後もローバックスの猛攻は続き、WR野中へのパス、RB鈴木のランなどでドライブを続ける。流れを変えたいサンダーバーズLB鈴木が、執念のインターセプトにより攻守交代。この際自らタックルしたローバックスQB鈴木が負傷。第2Qに入っても両者一歩も譲らぬ攻防が続く。試合が動いたのは前半終了間際、ローバックス自陣深くから放ったパスをサンダーバーズDB八塚がファンブルのフリーボールを確保。そのままエンドゾーンに走り込みタッチダウンを挙げ、6対7とする。直後、このまま前半を終われないローバックスは再びRB蜂須賀のランで逆転タッチダウンを挙げ、13-7とし、前半を折り返した。ハーフタイムは勝敗を大きく左右する。後半に入り人数で圧倒的に不利なサンダーバーズオフェンスは、相手の隙をつくRB野口のオープンプレーで再びタッチダウンを挙げる。13対14と再度逆転に成功する。白熱するシーソーゲームを制したいローバックスは、敵陣の好位置から攻撃を開始する。ところが直後、エンドゾーンを狙い投じたパスがまたもサンダーバーズDB八塚にインターセプトされ、13対14で試合終了。試合巧者ぶりを如何なく発揮したサンダーバーズが熱戦を制した。

決勝
1Q
2Q
3Q
4Q
T
Tokyo Roebucks
6
7
0
0
13
0
7
7
0
14

 

見所 (リーグHPより転載)

再び決勝戦で対戦するローバックスとサンダーバーズ。
ローバックスは、ベテラン選手と若手選手により、安定した戦力で勝ち進んできた。サンダーバーズは、初戦の日大キャバリアーズ戦は苦戦したが、その後勢いを取り戻し勝ち進んできた。両チームとも、勢いがある状態で決勝で対戦する。
第19回・アイリスボウルトーナメント決勝戦は、サンダーバーズが勝利している。ローバックスが去年の屈辱をはらすことができるか。又はサンダーバーズが二連覇を達成することができるのか。熱い戦いが繰り広げられる。

 

マネージャーより
試合後のハドル中にゲリラ豪雨があり、そのあとの一枚。虹。
995426_489699251114680_2072786334_n
悔しい。ただこの一言です。

東京ローバックスでは共に戦ってくれる、選手・チームスタッフを募集しています。
お気軽にお問い合わせ下さい。

コメントを残す