7月5日(日) アイリスボウル2009 優勝

アイリスボウル2009 春季公式戦
決勝戦  @江戸川陸上競技場 14:00
東京ローバックス 42-0 バトルホークス
2年連続8度目のアイリスボウル制覇!

Photostream

熱い応援、ありがとうございました。

<ゲームレポート> 
共にショットガン体型からのオフェンスを特徴とする両チームの対戦はローバックスのキックでプレー開始。1Qは互いに相手の出方を探り合い、結果としてパントの蹴り合いで無得点に終わる。ハイパーオフェンスを誇るローバックスはQB児玉の欠場の影響が心配されたが、2Qに入るとローバックスオフェンスが徐々にバトルホークスディフェンスを圧倒し始める。QBに入った鈴木(智)からSB小山、半澤へのパス、RB原のランを中心にコンスタントにドライブを続け、最後はSB小山がTDパスをキャッチし、ローバックスが先制する。ローバックスは続いてバトルホークスのゴール前でのパントのミスに乗じ、LB徳永がパントリターンTDで得点を追加する。一方、バトルホークスはWR篠田へのパス、RB赤堀のランなどで敵陣に侵入するが、ローバックスDB松原にインターセプトをされ、得点ならず。ローバックスはさらにRB原のロングランで2Qに3本目のTDを挙げる。バトルホークスも懸命のオフェンスを見せるが、ローバックスDE飯塚のQBサックやDB府川のインターセプトなどに封じられ、21-0とローバックスがリードして前半を終了する。
後半に入ると、いきなりローバックスSB小山がロングランによりTD、バトルホークスを突き放す。しかし、バトルホークスディフェンスもここで踏ん張りを見せる。自陣深く攻め込まれるが、ゴール内でDB山下がローバックスQB鈴木(智)のパスをインターセプトに仕留め、追加点を許さない。その後、オフェンスも相手の反則に乗じて、敵陣深くへ前進するが、ローバックスDE山口の活躍により第4ギャンブルに失敗し、得点に至らない。4Qに入るとローバックスオフェンスはロンリーセンター体型という奇策を繰り出しゴール前に迫るとFGを試みるが、これは失敗に終わる。一方、バトルホークスはQBを峰岸から渡来に変えてQBランに活路を見出そうとするがなかなか前進できず、逆にローバックスRB原にTDランを許してしまう。ローバックスはさらにSB小山へのTDパスで駄目押しの得点を挙げる。バトルホークスは試合終了間際にも意地を見せてDB小野がパスをインターセプトするが、既に反撃の時間は残されておらず試合終了。終わってみればアイリスボウル史上最大の得点差となる42-0の大差でローバックスがアイリスボウルを連覇した。
連盟WEBサイトより転載)

第1試合
1Q
2Q
3Q
4Q
T
Tokyo Roebucks
0
21
7
14
42
0
0
0
0
0

<各賞受賞者>
・最優秀監督賞
 #44 / LB / 尼野 秋良
・特別賞
 #9 / QB / 鈴木 智也
・ベストディフェンダー
 #16 / DB / 府川 利光
・ベストディフェンシブライン
 #72 / DT / 山田 一海
・ベストインテリアライン
 #77 / OT / 田原 寛之
・MVP
 #58 / C / 中西 崇人

<見所>
いよいよ、2009年度のアイリスボウルも7月5日の決勝戦を残すのみとなった。
決勝に進んだチームは、昨年春のアイリスボウルの覇者ローバックスと、2007年秋のアーバンボウル以来、決勝戦に復活してきたバトルホークスの2チーム。
ローバックスはリーグNo.1の厚い選手層を有する安定したチーム力で、初戦はジェッツを破って勢いに乗るKCFFから参戦した慶応バイソンに勝利、準決勝で昨年秋のアーバンボウル優勝チームである現在のリーグの2強である強豪サンダーバーズに勝利し決勝戦に進出。昨年に続きアイリスボウルの連続優勝を目指す。
一方のバトルホークスは、初戦はレイザーバックスとの対戦し、48対45というノーガードの打ち合いの激戦を3点差で制し、準決勝では昨年連続決勝進出しし勢いに乗るブロンコスに対し試合巧者ぶりを発揮して勝利、決勝戦に進出した。
近年の対戦結果や選手層などから前評判ではローバックス優位と見られているが、バトルホークスもここ一番に強いチームである。アイリスボウル決勝戦に相応しい素晴らしい試合が見られそうだ。

コメントを残す