9月13日(日) vs Iolites

アーバンボウル2009 秋季公式戦
リーグ戦(Bブロック) 第1戦 @葛飾陸上競技場

ゲームレポート (リーグHPより転載)
春のアイリスボウル優勝のローバックスが、秋の初戦に挑む。対するは、強力なラインを誇るアイオライツ。
アイオライツのキックオフで試合開始。ローバックスはいきなりチャンスを迎えFGで、先制のチャンス。しかしここはアイオライツディフェンスが踏ん張り先制を許さない。アイオライツの攻撃もローバックスLB尼野のインターセプトで両チームともディフェンスが奮起する。お互いに攻め手を欠き、一進一退のまま第1Qを終了。先にオフェンスでリズムが出てきたのはアイオライツ、RB立木、RB伊賀のラン、WR山崎へのパスでファーストダウンを更新。得点には結びつかないが、攻撃の糸口をつかみかけた。対するローバックスも直後の攻撃で、ようやくエンジンがかかりだし、SB半沢へのパスを足がかりに、バランスよくランとパスを組み合わせ、WR宇田へのTDパスが決まり先制する。前半は、両チームのディフェンスが非常に良い動きを見せて7対0で終了する。
後半に入り、アイオライツはDE下川のQBサックなどで、ローバックスのオフェンスにプレッシャーを与える。しかし、ローバックスQB鈴木のランでロングゲインすると、ゴール前でRB原がTD。続けて、WR押元へのパスでゴール前まで進むと再びRB原が持ち込んでTD。アイオライツもQB岡野がパスを試みるが、ローバックスDB鈴木のインターセプトなどで、前進することができない。その後も追加点を狙うローバックスに対して、アイオライツもディフェンス下川がインターセプトでそれを阻む。ローバックスディフェンスもLB宮野がインターセプトのお返しで、アイオライツも攻撃がふさがれる。ローバックスは試合終了間際にTE野中へのTDパスを決めて、試合終了。春秋連覇を狙うローバックスが勝利した。

第2試合
1Q
2Q
3Q
4Q
T
Tokyo Roebucks
0
7
12
14
33
0
0
0
0
0

見所
昨年のアーバンボウルは、準決勝敗退で悔しい思いをしたローバックスだが、春のアイリスボウルに完勝して、春秋連覇を狙う。対するアイオライツは、強豪に対して、どのような戦い方を見せてくれるか期待される。
ローバックスのオフェンスが春以上の攻撃力を見せてくれるか、またアイオライツの強力ディフェンスラインがどれだけ抑えることができるかに注目したい。

コメントを残す