11月29日(日) vs Thunderbirds

アーバンボウル2009 秋季公式戦
プレーオフ 準決勝戦 @大井第二球技場

ゲームレポート (リーグHPより転載)
ローバックスのキックで試合開始。サンダーバーズはQB樽本が、パスとランを織り交ぜテンポ良く攻撃。しかしローバックスLB宮野にパスをインターセプトされ最初の攻撃シリーズを終了する。対するローバックスはQB鈴木が、ランとパスを織り交ぜ攻撃するがサンダーバーズの鉄壁のディフェンス陣がゲインを許さない。
試合の序盤はお互いのディフェンス陣が奮闘し両チーム一進一退の攻防を繰り広げた。最初に得点のチャンスを掴んだのはサンダーバーズ。PR八塚の好リターンで敵陣深くからの攻撃権を得る。しかし、ここはローバックスディフェンスがゲインを許さない。さらに前半終了間際サンダーバーズは、TE丸山へのパスやRB尾崎・杉岡のランで連続して攻撃権を更新。敵陣深くまで攻め込みフィールドゴールを選択するがこれを失敗。先制点の獲得には至らなかった。前半は両チームのディフェンス陣が奮闘し無得点のまま終了する。
後半に入っても両チームのディフェンス陣の活躍で激しい攻防を繰り返す。第4Q後半まで両チーム無得点のまま経過していたが、ローバックスがSB小山へのロングパスを皮切りにRB児玉・原のランで連続して攻撃権を更新。敵陣深くまで攻め込みフィールドゴールで得点のチャンスを得る。しかしサンダーバーズLB権がフィールドゴールをブロックしここを死守した。その後も両チーム一歩も譲らず、無得点のまま後半戦が終了。試合はタイブレイク方式の延長戦にもつれ込んだ。
コイントスにて最初の攻撃権を得たのはローバックス。ファーストプレイQB鈴木がパスでTDを狙う。しかしサンダーバーズDB八塚がインターセプト、攻撃権が移動する。攻撃権を得たサンダーバーズはランプレイで前進を重ね最後はRB市川のランでTD獲得に成功する。昨年度アーバンボウルの覇者サンダーバーズが延長戦までもつれ込む激戦を制し、アーバンボウル決勝戦進出を決めた。

第2試合
1Q
2Q
3Q
4Q
OT
T
Tokyo Roebucks
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
6
6

見所
準決勝第二試合は、ローバックスとサンダーバーズの対戦。
昨年アーバンボウル準決勝での両チームの対戦は大接戦の末、僅差でサンダーバーズが勝利している。
ローバックスのハイパーオフェンスが鉄壁のサンダーバーズディフェンスをどのように切り崩すのか、両チームの実力は伯仲。
今回も接戦は必至の注目の一戦である。

コメントを残す