6月6日(日) vs Razorbacks

アイリスボウル2010 春季公式戦
リーグ戦第3節 第3試合 @大井第二球技場

ゲームレポート (リーグHPより転載)
準決勝進出をかけた一戦で、昨年の春の優勝チームローバックスが連覇を狙いレイザーバックスとの試合に挑む。ローバックスのキックオフで試合開始。レイザーバックスオフェンスはQB小山を中心にRB中村のランなどで攻撃を試みるが、第4ダウンのパントで、ローバックスLB宮野がブロック。それを自ら拾いゴール前まで運び先制のチャンス。このチャンスにQB鈴木がSB小山にTDパスを決め、開始早々先制点を挙げる。追いつきたいレイザーバックスもWR市原へのパスで反撃を試みるが中々前進することができなくパント。このパントをローバックスのリターナー市川がビッグリターンで良いポジションで攻撃権を得る。QB鈴木からSB小山へのロングパスなどでゴール前まで行くと、RB市川がエンドゾーンに飛び込んで追加点をあげる。さらにローバックスはディフェンスも好調で、DB田尻のインターセプトでレイザーバックスに思い通りの攻撃をさせない。ここで得たチャンスもしっかりとゴール前まで持ち込み最後はRB原がTDを決め、1Qに22点を上げ2Qに入る。
2Qに入り、レイザーバックスはDL筒井を中心に何とかディフェンスからリズムを掴もうとするが、ローバックスのオフェンスは止まらずRB市川がこの日2つ目のTDをあげると、QB鈴木から、SB小山にTDパス。再び巡ってきたチャンスにもこの日3つ目となるTDパスをSB小山がキャッチして点差を広げる。
ローバックスはリーグ戦を2勝として、準決勝進出を決めた。

第3試合
1Q
2Q
3Q
4Q
T
Tokyo Roebucks
22
19
41
0
0
0

※Razorbacks途中棄権により2Qにて試合終了

コメントを残す